ネイルアート用語カテゴリの記事一覧

カ行

用語「カ行」

キューティクル
爪の生え際にある甘皮部分で「エポニキウム」とも言います。

キューティクルオイル
乾燥を防ぎ、キューティクルに潤いと栄養を与えるオイルです。
カラーリングなどの施術が終った最後にも使います。

キューティクルニッパー
キューティクルプッシャーで取りきれなかった甘皮をカットします。

キューティクルリム-バー
甘皮部分にある余分な汚れを取り除くためのクリームや液体のことです。

グラデーション
色の境目をきっちりと付けずに濃淡で色を変化させるアートテクニックです。

クリアネイル
クリアパウダーを使用したスカルプチャネイルです。
仕上がりがクリアなので、派手になりすぎず最近人気のネイル技法です。
クリアチップを使ったチップオーバーレイや、ジェルで整えた技術のことをいいます。

グリッター
キラキラした細かい粒。グリッター入りカラーポリッシュやグリッター(ラメ入り)ネイルなどで使われます。

グリッド
ファイルの目の密度を表す単位。数字が大きいほど目が細かくなります。

グルー
爪用の接着剤。チップを貼り付けたり、割れた爪に修正に使用します。

グルーオフ
グルーを溶かす液体です。

コリンスキー
アクリリックで人工爪を作る時に使う筆の毛の種類です。

サ行

用語「サ行」

サンディング
スカルプチャをつける前に装着が良くなるように爪の表面のツヤを取り除く作業のことです。

シーカーブ(Cカーブ)
爪の先端を水平に見たときの爪のカーブの形のことを言います。

シーザー
ネイルで使用するはさみです。
細かいものを切る時に使用します。

シルクラップ
シルクやグルー、フィラーを使って爪を補強する技術です。
爪に亀裂が入ったり、折れてしまったときに使用します。

スカルプチャー
ネイルフォームを装着した爪にブラシを用いてネイルを作り足していくイクステンションのこと。
自分の理想とする爪の形に仕上げることができます。
リキッドやポリマー、またはジェルなどを使用します。

スクエア
爪の形の名称。爪先に丸みを出さない四角い形のことです。
面積が大きく強度が高い形です。爪が小さめの人に似合うようです。

スクエアオフ
スクエアに次いで強度が高く、実用的にも優れているネイルでとても人気がある形です。

ストレスポイント
サイドウォールがネイルベッドから離れたところのことで、爪にもっとも負担がかかる部分です。

ステンシル
エアブラシなどでアートする時に、マスキングとして使う型紙のことです。

スマイルライン
フレンチネイルの時に、人工的に描いたラインのことです。

スワロフスキーネイルストーンの種類。ラインストーンではもっとも有名です。

3D(スリーディーアート)
アクリルやリキッドなどを用いて立体的に作られたデザインのことです。
ぷっくりした花柄や、ハートなどが人気のデザインです。

ソルベント
うすめ液。

タ行

用語「タ行」

チップ(ネイルチップ)
つけ爪のこと。両面テープやグルーを使用して爪に付けます。

チップオーバーレイ
プラスチック製のネイルチップを地爪の上に接着して、境目をファイルで削って目立たなくさせた後に、
その上に ミクスチャーや、ジェルをのせて整えるネイル施術のことです。

デザインスカルプチャ
埋め込んだデザインのスカルプチャのことをいいます。
デザインを作った上からパウダーなどでコーティングする技法。

トゥーニッパー
足用のニッパーです。ささくれなどをカットするときに用います。

トゥーセパレーター
ペディキュアを塗る時に指と指とをくっつかないようにするものです。

トップコート
ポリッシュの後に塗る透明のマニキュアです。
アートを長持ちさせ、スカルプにツヤを出す為に用います。

ナ行

用語「ナ行」

ネイルウォール
爪の周囲を取り巻いている部分です。
ネイルプレートの両サイドをサイドウォールといいます。

ネイルケア
爪の形・表面・甘皮を整える、爪中心のケアのことです。

ネイルストーン
ネイルアートで使うキラキラした宝石のような石。スワロフスキーなど。

ネイルチップ
爪の形をしたプラスチックやアクリル素材のチップ。
アートやイクステンションに使用します。
ナチュラルカラーや白が一般的です。

ネイルピアス
爪先に穴を開けてアクセサリーを通す技法。
もしくはそのアクセサリー自体のことを指します。
ワンポイントでつけるなど、オシャレを楽しむネイルジュエリー。
ネイルフォーム スカルプチャをかたどるために使用する土台のこと。
紙やメタルのものがあります。

ネイルプレート
爪自体のことをいいます。トッププレート、ミドルプレート、アンダープレートの3層で構成されています。

ネイルベース
爪の根元の部分で、表皮のすぐ下に隠れている部分。
ネイルルートとも呼びます。

ネイルベッド
ネイルプレートの土台の部分を指します。

ハ行

用語「ハ行」

ハーフムーン
爪の根元に見える半月状の白っぽい部分です「ルヌーラ」とも言います。

ハイポイント
爪のカーブを横から見たときに、もっとも高くなっている部分をいいます。

ハイポニキウム
ネイルプレートとネイルベッドの間に異物や汚れが入るのを防ぎ、保護する役割があります。

パウダー
スカルプチャを作るときに使用する粉末状の材料のこと。
ポリマーともいい、リキッドとあわせて使います。

バッフィング
爪磨きを使って爪の表面を整える事をいいます。

バッファー
爪の表面を整えるヤスリです。
目の粗さが多種あります。
きちんと爪にバッファーをかけておくことによって、スカルプチャの付きもよくなります。

ハンドパンチ
カラーパウダーなどのミクスチャーを固めた物ををコレで空けハートなどの形を作る。

ハンドピース
エアブラシの際にコンプレッサーと接続して使用します。
引き金を引いたり押したりすると色が出る道具です。

フリーエッジ
ネイルベッドからネイルプレートが離れた先の部分を指します。
この部分で爪の形を決めます。

フィルイン
イクステンションのメンテナンスのこと。
爪が伸びた時、生じた段差をアクリルなどで固めて再度形を整えることをいいます。

ファイリング
ヤスリを使って爪を整えることです。

ファイル
自爪の長さ・形を整える時に使用するボード状になった紙ヤスリのこと。
エメリーボードという場合もあります。

プッシャー
甘皮を押し上げる時に使う金属製のスティック。

プライマー
人工爪を作る際、自爪の表面を消毒する液体。
リフティングをホ防止する効果があり、接着力や持続力もアップさせる効果があります。

ブラシ
スカルプ用やジェルネイル用、フラットアート用などの様々な筆のことです。

フラットアート
平面的なデザインのネイル。
フレンチネイルやマーブル、エアブラシアート、ラインストーンを使ったアートなどのことをさします。

ブラシクリーナー
アクリル用のブラシに付着してしまったパウダーなどを取り除くための液体です。
また、3Dアートを作るときにアクリルパウダーを混ぜて使用することもあります。

フレンチネイル
爪の先端(フリーエッジ)と爪のピンクの部分(ネイルベット)との色を分けることを言います。
ナチュラルカラーや白の組み合わせが主流です。

ペディキュア
足の爪だけではなく、角質ケアや、マッサージなど、足全体のケアを指します。

ベースコート
カラーリングをする前に塗ることで爪を保護し、ネイルカラーの発色をよくするコーティング剤です。

ベースカラー
ネイルカラーの基本となる地の色のことです。

ポインテッド
爪先をややとがらせたシャープな形の爪のことです。
爪の両サイドを鋭角に削り、先端をとがらせて作ります。
強度はあまりなく、デザイン的にも最近あまり使われていない形です。

ポリッシュ
カラーエナメル。

ポリシュリムーバー
カラーエナメルを取り除く除光液。

ポリマー
アクリリックを使う際に使用するパウダー状の材料です。

マ行・ラ行・ワ行

用語「マ行」

マトリクス
爪の成長に関係している根元の部分で。神経や血管が通っている部分のことを言います。

マニキュア
爪にカラーリングをするだけではなく、トリートメントやマッサージを含め手全体のケアをすることです。

マーブル
ネイルアートのひとつで、アクリル絵の具やネイルカラーを数色混ぜ合わせて柄を作ります。
ウォーターマーブルやクリアマーブルなど、いろいろな技法があります。

ミクスチュア
ポリマーとモノマーを混合したものでスカルプチャを作るときに使います。

モノマー
アクリリックを使う際に使用する液体の薬品のこと。アクリルリキッドとも言います。



用語「ラ行」

ラウンド
爪の形の名称。爪先にやや丸みを出したスタンダードな形をいいます。
爪を細く長く見る効果があり、先端のカーブに丸みがあるのでナチュラルに見え、いろいろなデザインに合います。

ラッピング
シルクやファイバーのはいった布を使って自爪の補強をすることです。

リキッド
スカルプチャを作るための材料です。パウダーとあわせて使用します。

リフティング
スカルプチャなどが、自爪の成長と共に浮いてきてしまうことをいいます。

リペア
割れたり、かけたりした爪を修理することです。
その方法として、「シルクラップ」や「フィルイン」などがあります。

リムーブ
除光液を使ってカラーエナメルを取り除くことです。

ルーズスキン
キューティクル(甘皮)下部から伸びる半透明の薄い皮のことです。

レジン
爪の強化や補修をするのに使う商材名です。



用語「ワ行」

ワンタッチネイル
粘着剤を付けたネイルチップ。
専用復活剤を使えば粘着力が復活し、繰り返しネイルチップが使えます。